あなたの記憶の1ピース

ジグソーパズルを普及させたい!!!ときたまゲームとか自分についてご紹介。もし余裕があれば大好きなイラストを書いていきたいですが、ブログの更新が安定するまでは無理かなー。あなたの日常にジグソーパズルを。

コンビニのアルバイトでの経験~当て逃げしてよかったね~

どうも!
縦横無尽に好き勝手飛び、すべてにおいて下手の横好き極めてるねもはるです。

 

今日ワンダーグーによってガンプラをまた購入しようと思ったんですが、お目当てのものがなく落ち込んで帰ってきました、ねもはるです。

 

さて今回は、自分がコンビニでアルバイト中におきた出来事。

 

お仕事してたらお巡りさんやってきた 

 

自伝が起きたのは、午後7~8時頃の出来事でした。

いきなりお巡りさんがやってきて、

「すいません、このお店で車の当て逃げがあったのでカメラを見させてもらっていいですか?」

と言われたのです。

自分はてっきり車と人の当て逃げだと思ってました。

なので慌てて、

「ただいま店長を呼びますので、お待ちください!!!」

と言って店長にバトンパスしたわけなんですが、駐車場には一向に救急車が来ないんですよね。

 

おかしいなーと思ったら、店長が、

ねもはる君、人じゃなくて車の当て逃げらしいぞ、あれ。」

 

(あ、ちなみにこの店長、仕事中に新聞や雑誌の女性のエロい記事を見まくってる60歳のおじいちゃん。

自分がやめた後、息子である副店長が喧嘩してどこかに行ってしまったらしい。喧嘩の内容としては遅刻が多い息子に、「このままだと副店長やめてもらうぞ!」といったところ、「上等だぜ!こっちこそやめてやる!」と家を出ていったらしいです。

後継者募集中。)

 

と言われたので、

「あ、そうなんですか。救急車来ないからおかしいなと思ったんですよー。

で、逃げた車は見つかったんですか?」

 

「いや、それがみつからないんだよ。あとな・・・、あそこの車あるだろ?あれが当てられた車なんだがな・・・。」

と言いつついかにも高級車も指を指したんですよ。

 

うわぁ、いかにも高そうだなー、と他人事のように考えていたら

 

「あれ、ヤクザの車らしい。」

 

「ふぇ!!!え、ヤクザの車当て逃げしちゃったんですか?やばくないですかそれ?海に沈められちゃいますよ?」

そしたら店長

「そーなんだよ、それで今警察の人が見つかっても見つかったなんてあんまり言いたくないって言ってた・・・。」

いやっべー、現実で起こるもんだなー。

「あ、でもそんなヤクザみたいなお客さん今日来てませんでしたよ?」

そう、来てなかったんですよ。

今日来てたのは全身刺繡だらけの刺繡屋さんだけ。

その刺繡屋さんお金がないのか知らないけど、お弁当しか買わないから、見た目もあってよく覚えてるんですよ。

「いや、隣のラーメン屋で食事してたらしい。」

「いやー、迷惑な話ですねそれ。」

そう、うちの隣はラーメン屋なんですが、車が4台くらいしか止まれない駐車場で、団体とか来るとうちに止めていくんですよ。

そして今回もそんな感じで止めて食ってたら当て逃げされてらしいと。

 

そんな話をしてたらお巡りさんに店長が呼ばれて、仕事を再開したんですよ。

 

ヤクザ来店

 

すると自動ドアが開いて、いかにもヤクザって感じの人が自分の所に来て、いきなり事務所に入ろうとしたので、

「お、お客様、こちらは事務所ですので入られては困ります!!!」

「いや、こっちは車ぶつけられてんだよ、見る権利があるだろぉ?」

「いえ、こちら機密情報もございますので、一度聞いてきますのでお待ち下さい。」

「あぁ?てめぇ、兄貴の車当て逃げしたやつ庇うのか!?あぁん?」

「い、いえ、そういうわけでは。ただいま確認してくるので少々お待ちください。」

と、言って逃げるように事務所に入ったわけですが、そしたら店長じゃなくてお巡りさんが動いて、

「お兄さん、車が大事なのはわかるけど、カメラ見るのは警察の仕事だからおとなしく待ってて。」

「はぁ?俺の車だから俺にも見る権利あるだろうよ?」

と、自分と同じことをお巡りさんに言ったわけですが、

「確かにお兄さんの車だけども、一般人がカメラを見るのは、プライバシーの関係であまりよくないんだよ。」

とまぁ、説明したわけです。

 

しかし話は通じず、平行線。

結局お巡りさんが折れて、事務所では店長、お巡りさんA、ヤクザの兄貴が監視カメラを見ることに。

店内では、自分、同じくアルバイトをしている親友、ヤクザの弟分、お巡りさんBという異色の状況が生み出されていました。

 

自分と親友が、

「やべぇな、やっぱりヤクザは怖いな。俺、怖くてヤクザに一生逆らいたくない。関わりたくもない。」

「俺もだよ、てかどっちもレジねもはるでよかったわ。」

なんて話をしてたら、事務所からお巡りさんとヤクザの兄貴が出てきて、

「いや、ご迷惑をおかけしました。」

とヤクザの兄貴が。

すると店長が、

「いえー、こちらこそお役に立てず申し訳ございません。」

で、お巡りさんが、

「何かわかりましたら、ご連絡ください。ご協力ありがとうございました。」

と言っており、どうやら犯人は見つからなかったらしい、そして話はうまくまとまったと。

 

すると、ヤクザの兄貴がレジに来て、

「兄ちゃん、そこのタバコくれ。」

と言われたので、タバコを取り、お会計を済ませたら

「兄ちゃん、さっきは悪かったな、怖かっただろう。」

 

ええ、もちろん怖かったですとも。自分も海に沈められないか不安でしたよ

 

でも、このヤクザの兄貴は悪くないんですよね。

実際当て逃げした奴が悪いわけですし。

 

結果としては正解ですけど(笑)

 

で、事件は収まっていったのです。

そのあと当て逃げの犯人はどうなったのかは知りませんが、捕まってないことを願うしかないですね。

 

最後に

よくコンビニは楽な仕事として言われます。

実際にそうですし、やる仕事も少ないです。ただ勝手に危険に晒される職場でもあります。コンビニ強盗、ちゃらんぽらんに今回のヤクザ。スタッフが少ないため狙われやすい場所になってしまいます。

もし働く際は、店長がしっかりいるお店にした方がいいですよ。

そうすればある程度のことなら、楽しい笑い話にできるのでお勧めです。

 

 

 

 

あ、あと当て逃げはよくないのでやめましょう。

 

 

 

 

ご愛読ありがとうございます。

 

自分の記事が、あなたの記憶の1ピースになれたら嬉しいです。

それではまた会いましょう。

 

Good bye(*´Д`*)