あなたの記憶の1ピース

ジグソーパズルを普及させたい!!!ときたまゲームとか自分についてご紹介。もし余裕があれば大好きなイラストを書いていきたいですが、ブログの更新が安定するまでは無理かなー。あなたの日常にジグソーパズルを。

元コンビニ店員が出会った嫌な客

お題「コンビニ」

 

どうも!
縦横無尽に好き勝手飛び、すべてにおいて下手の横好き極めてるねもはるです。

 

今回はお題スロットというのに「コンビ二」があったので、自分のアルバイト中にむかつくお客様のお話をしていと思います。

そのお客様は敬意を払いたくないので失礼ながら客と呼ばせていただきます。

 

 

1.敬語が使えない、態度がデカい客

 

これは接客業を経験したことがある人なら必ず思うはず。

よく商品が欲しいの見当たらなくて、聞きに来られるお客様がいられるが、この客どもは、

なぁ、〇〇どこ?」「おい、〇〇おいてねぇの?」

自分はお前らの家族でも友人でも、ましてや召使いでもない!!!

 

また、タバコやファーストフードをたのむとき、いい年をした客が、

「おい、これ。」「おい、あとそれ。」「これもくれ。」

あなたの会話には主語はないのですか?ってくらい敬語どころか日本語も危うい客もいます。

 

最近、「お客様は神様だ」と聞くがこの言葉は企業やお店が使う言葉であり、客が自信を「神」というのはただの中二病でしかありません。

 

またその話をすると、「そうだとしても俺たちのおかげで儲かって金がもらえるんだろ?」といいますが、企業は需要のある場所にものを立てる。何故ならそれが一番儲かるからです。

ですから必要としているのは消費者であり、企業ではありません。

むしろ、近くにコンビニが出来たんだからありがたく思えぐらいの気持ちです。

家の近くからコンビニが消えた時を想像してみてください。多分移動時間が2倍くらい増えるでしょう。

 

困るのはどちらなんでしょうか?

 

2.話を聞かない客

コンビニやスーパーだと、経費削減と地球温暖化対策としてビニール袋やお箸などを必要か聞いたり有料化したりしてます。

自分の働いていたコンビニもそうで、複数お買い上げのお客様には必要かどうかきいていました。

 

しかし、話を聞かない客どもは

自分「おタバコとお飲み物ご一緒でも大丈夫ですか?」

客「(スマホいじりながら)おう・・・。」

~会計終わって帰るとき~

客「おい、なんでタバコと飲み物一緒なんだよ、濡れちまうだろ!!!」

 

ふざけんな、こちとらてめぇみたいな人生の掃き溜めって感じでもしっかり接客してんだぞ!!!とか

 

自分「お箸とストローお付けしますか?」

客「(イヤホンで音楽聞いてノリノリ)・・・。」

自分「・・・。」

~会計終わって帰るとき~

客「あの、すみません、お箸とストロー、ついてないんですけど・・・。」

 

おーい、二度手間かますなよ~~~。そんなめんどくさそうな顔するなら、最初からイヤホン外しておけよ~~。とか

 

挙句自分も話聞かないやつわかってくるようになって、

 

自分「温かいものとお飲み物とアイスご一緒でもよろしいですか?」

客「(当然のごとくスマホをいじる)ん。」

~会計終わって帰るとき~

客「おい、お前馬鹿なんじゃねぇの!?普通一緒に入れないだろ!!!!商品変えろよ!!!」

自分「いえ、ご一緒でもいいかお伺いしましたが」

客「は?聞いてねーし。」

うん、知ってる。だから普通は一緒にしないもの一緒でもいいか聞いたんだし(笑)

客「おまえ、言ったっていう証拠出してみろよ。」

自分「構いませんよ、当店の監視カメラは音声も拾えるタイプなので。」

客「・・・。」

後ろのお客様(神)「おい、あんた。確かにこの店員さんは聞いてたぜ?むしろ、コンビニ店員とは思えないくらい丁寧だったぞ。」

まさかのいい人まで来てしまった。なんか小さいことをした自分が恥ずかしくなりました。

客「クソッ・・・。」

後ろのお客様(神)「店員さん、いい笑顔だし丁寧だしいいね。でも悪戯はダメだよ?(笑)」

お客様のなかに本当の神がいた瞬間でした(笑)

 

 

今回は2パターン紹介して終わりたいと思います。

アルバイト系は思い出したら上げていく予定です。

 

ご愛読ありがとうございます。

自分の記事が、あなたの記憶の1ピースになれたら嬉しいです。

それではまた会いましょう。

Good bye(*´Д`*)