あなたの記憶の1ピース

ジグソーパズルを普及させたい!!!ときたまゲームとか自分についてご紹介。もし余裕があれば大好きなイラストを書いていきたいですが、ブログの更新が安定するまでは無理かなー。あなたの日常にジグソーパズルを。

大子の花火大会、それと少し茨城についてとそのなか住む思春期な自分について

どうも!
縦横無尽に好き勝手飛び、すべてにおいて下手の横好き極めてるねもはるです。

 

今回は昨日行ってきた大子の花火の紹介とか、自分の住んでいる茨城の紹介とか、語ってみたりしたいと思います。

f:id:nemoharu13:20170815120434j:plain

 茨城県(いばらきけん)とはなんぞや

茨城は47都道府県のうちの1つです。

また、人気のない都道府県、いわゆる魅力度ランキング47位をキープしており、名前すら「いばらぎ」と間違って覚えられる悲しい県である。

人口は約290万人も住んでおり、県の面積は約609㎢、それに対し人口密度は1㎢に約476人しか住んでいないんです、全国からみたら多くても一部に固まっていて、過疎化している地域が多い。全体で見れば密度が大きく、人口もいるように見えますが田舎です(笑)、山のほうに行けば民家はほとんどなく暗い道が続き、海のほうに住めば9時には真っ暗です。自分も徒歩5~10分で海、って距離に小さいころ住んでましたが、小学校のクラスは1学年1クラス全学年合わせて200人未満。スーパーがかなり遠いとか、コンビニが海水浴場のほうとか、港のほうに行かないとないとか当たり前すぎて文句もなかったです(笑)

 

茨城の有名なものとしては

ねば~る君

f:id:nemoharu13:20170815112049p:plain

 スクリーンキャプチャの引用

しんちゃく|ねば〜る君公式ホームページ

 水戸光圀

f:id:nemoharu13:20170815112607p:plain

スクリーンキャプチャの引用

徳川光圀 - Wikipedia

 

三大花火大会の1つ 土浦全国花火競技大会

f:id:nemoharu13:20170815112943p:plain

スクリーンキャプチャの引用

土浦全国花火競技大会

 など結構いろいろあります。

また広大な土地を活かした全国でも有数の野菜や果物といった農作物の生産量であり、海、山、川、湖と日本の良さをすべて持ち合わせています。

しかしそれでも魅力度ランキング47位ですからね(笑)

 

大子の花火大会

f:id:nemoharu13:20170815115532p:plain

 それで、茨城の魅力の1つに花火大会の規模が千発花火以上ということです。花火大会そして登録されているところは必ず1000発以上の花火で行われで、 今年は10000発以上が6大会もありました。

そんななか自分が昨日訪れた大子の花火大会もとてもよいものでした。

迫力満点

大子の花火大会へは今年初めて行きましたが、迫力がすごかったです。

自分が見た場所は、普通の花火のスポットだったんですが、400メートルもはなれていない川から打ちあがり、咲き乱れる、乱玉はとても動き回り綺麗だったのが印象的でした。残念ながら乱玉は取れませんでした、皆さんにみせれなくてとても残念。

 

その代わりのベストショット。

f:id:nemoharu13:20170815120434j:plain

 

少し語ってみる

自分が大きくなったからか心の余裕か、それともいつもとは違う花火大会に行ったからかはわかりませんが、久しぶりに花火が綺麗だと心から思いました。

で、綺麗だなーと思って見てたら、誰かが言っていた

芸術は爆発だ

という言葉を思い出しました。

 

それで昨日帰って調べたら、岡本太郎さんの言葉でした。

自分が花火をみたときと同じ気持ち、考えだったので一部載せていただきます。

 

「ぼくが芸術というのは生きることそのものである。

 人間として最も強烈に生きる者、無条件に生命をつき出し爆発する、
 その生き方こそが芸術なのだということを強調したい。
  “芸術は爆発だ
 これは随分前からの私の信念であり、貫いてきた生き方だ。
  (中略)
 全身全霊が宇宙に向かって無条件にパーッとひらくこと。
 それが爆発だ。
 人生は本来、瞬間瞬間に、無償、無目的に爆発しつづけるべきだ。 
 いのちの本当のあり方だ。」 

 

岡本太郎 『自分の中で毒を持て』(青春文庫)より引用

この花火のように生きることを見つけた岡本太郎さんは何をみて、そう考えたのでしょう。ただ今を全力で生きることを思う何かがきっとあったのでしょう。

それに自分もイラストで生活をするのを夢見ていたので、こういった芸術といえるほど自分は独特さや感性もありませんが、この衝動というべきものは押されきれないものがあります。

もし現在もご健在だったらお話をお伺いしたかったです。

  

突然の雨

そんなことを考えて、感傷に浸っていた思春期がまだ終わらない自分をよそに、ぽつぽつとが・・・。

今回花火大会をした場所は、山の中。

そしてよく言いますね、「山の天気は変わりやすい」と。

はい、突然ので大会は中止してしまいました。始まって30分くらいしてのことでした。

まぁ、少しでも見れたのでいいかなーと思い、帰ってきました。

 

最後に

今回の教訓としては、山への外出の際は雨具を持っていきましょう。

途中からいろいろどうでもいいこと書きましたが、大子の花火大会についてでした。

 あと、生活が安定することがあれば(正社員にならないと無理w)イラストについてのブログも書きたいですね。

 

 

ご愛読ありがとうございます。

自分の記事が、あなたの記憶の1ピースになれたら嬉しいです。

それではまた会いましょう。

Good bye(*´Д`*)

 

人気ブログランキングに参加しています。

おもしろい・よかったと思ったら押してください。


ジグソーパズルランキング

 

☆ボタンと読者ボタンも押していただけると励みになります。